先日お能鑑賞をさせていただいて思い出した言葉がありました。





してみて良きにつくべし。せずば善悪定め難し

世阿弥

 

 

世阿弥晩年の言葉だそうです。
「舞台で実際に演じてみて、結果の良かった方法を採用せよ。
演じてもみぬ内からいずれがよしともいえまい」

舞台の演出について意見を交わす中で「とてもできそうにない」
と言った息子に対して言った言葉だそう。
前職のボスと話をしていて
「とにかくやってみないとわからない事が多い。それは分かっているのに
実行に移す前から言い訳してしまう事がある」
と話していたら世阿弥もそう言っていた。
と、この言葉を教えてくれました。

言い訳して、理由を見つけて後回しにする方が楽だったりすることもあります。
でも、それでは何の評価も出来ません。
つまり現状への不満も「それって本当!?実は満足なんじゃないの!?」ですよね。
だって、他を試していないのですから。
そして、自分で後回しにしておいて
「あーあの時やっていればなー」
と過去の自分にダメ出しをする。
なんのこっちゃです。。。。

いつも時代も・・・だったんですね。
新しい事へ取り組む不安。
現状から変わることへの不安。
上手くいかなかったらどうしよう。。。
と考えだしたらきりがありません。

とにかくやってみる。評価はそれからです。
これに尽きるのではないでしょうか。

 


イリスFacebookページ

イリスLINE@ページ
登録していただければ、こちらからもご予約・お問い合わせしていただけます。
※PCでご覧の方はQRコード読み取りの画面になります。

大阪市西区京町堀1-8-12-201
☎090-2284-8573
✉pilates.studio.iris@gmail.com

pilates studio iris(イリス)
ピラティスマシン完備のスタジオです。
まずはお電話かメール、又はご予約フォームでお問い合わせください。
Tomoko